ホーム>新着ブログ>2015年7月
  • ごまどうふ
  • 野母崎半島
  • メディア掲載
  • 通信販売
  • 会社概要
  • ブログ

2015年7月

太らないおやつの食べ方ルール

甘いものが大好きな女性はたくさんいます。でも、気になるのはやはり体型、甘いものを好きなだけどんどん食べてしまうとあっという間に太ってしまいます。痩せるならおやつを我慢して、運動をしなければいけないと考える方がほとんどではないでしょうか。そこでおすすめなのが、ムリにおやつを我慢しないでも太らない食べ方です。

 朝、昼、晩の食事はしっかり摂る

太らないおやつの食べ方ルール

ダイエットのためと食事を抜いてのおやつは危険です。食事を抜いた分、空腹になっているのでつい甘いお菓子をたくさん食べてしまいます。栄養バランスのとれた食事をとったうえで、おやつをたべると少量でも満足できます。

おやつは夕方までに

1日のうちで一番脂肪燃焼が高いとされているのが夕方です。夕方は心拍数が高くなっており、血流も多いので体脂肪の分解が促進されているそうです。夜になると体温が下がるのでだんだん脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。おやつを食べるなら夕方までに食べることをおすすめします。

ながら食いをしない

ながら食いとは雑誌を読みながら、テレビを見ながらなど何かをしながら食べてしまうことです。ながら食いをすると実際に食べている分量が把握できないので食べ過ぎてしまいます。少量のおやつでも味わいながらゆっくり食べると満足できます。

和菓子がおすすめ

和菓子は洋菓子に比べ、脂質が少なくカロリーが低いものが多いのでダイエット中のおやつにぴったりです。とくにおすすめなのが胡麻豆腐です。胡麻豆腐にはビタミンEなど女性にとってうれしい美容に効果的な成分が豊富に含まれています。胡麻は風味が柔らかいのでそのままで食べてもおいしいですし、どんな味付けにも合うので、いろいろなレシピでお楽しみいただけます。

当店では、モチモチ感が特徴的な胡麻豆腐を通販で販売しております。抹茶胡麻豆腐、金胡麻豆腐など種類を豊富に扱っております。きなこをかけて和菓子感覚でいただくと、おいしく食べられます。

精進料理とごまどうふ

一人暮らしをすると、どうしても食事は適当になってしまう方がいらっしゃると思います。手軽に食べられるからとコンビニでお弁当を買ったり、ファーストフードなどで食事を済ませていませんか?そんな日々が続くと恋しくなるのが母の味です。

母の味が恋しいのは慣れ親しんだ味という理由もあると思いますが、やはり栄養バランスがとれていたので安心して食べられたからという方も多いと思います。コンビニ弁当やファーストフード続きで、胃腸が疲れたなと感じたら精進料理を試してはいかがでしょう。精進料理は体に優しく、栄養バランスが整っているので心も体も癒されるかと思います。

 精進料理とは

精進料理とごまどうふ

精進料理は魚や肉、にんにく、たまねぎ、ニラなどの香りがキツイものを使わない植物だけを調理したものです。仏道では精進料理を調理すること、食することなど日常生活のすべてが修行となっています。

精進料理は、心をこめてじっくり時間をかけ調理をしてくれた方や関わった調理人や食材に感謝をして、料理をいただきます。料理をいただくのも、心身を養う修行になります。

 精進料理の魅力

精進料理は、素材の味を生かしたさっぱりとした味付けになっていますので、胃や腸が疲れている方におすすめです。普段は食べないような人参の葉っぱを調理するなど素材をムダにしないことでいろいろな栄養がバランスよく摂れるように工夫されています。精進料理に欠かせないのがごまどうふです。

肉料理がないのでごまどうふでたんぱく質を補っています。ごまどうふですとカロリーを摂りすぎることなく良質のたんぱく質が摂取できます。

家で精進料理を作るなら

精進料理に難しいレシピはありません。素材をムダなく、時間をかけてシンプルに調理すればそれで立派な精進料理です。家でも手軽にたんぱく質が摂れるように、ごまどうふを用意してはいかがですか。

おいしいごまどうふでしたらぜひ当店のごまどうふをおすすめします。デンプン粉、水、ごまというシンプルな材料で作っているので精進料理にぴったりです。他にもデザート感覚でいただける抹茶ごまどうふ、京風で上品な味の金ごまどうふなども取り扱っております。通販でお気軽に購入できます。

ごま豆腐を使ったアレンジ料理

古くからあるごま豆腐は、お寺で作られていたのが始まりだそうです。ごま豆腐はごまを炒って、なめらかになるまで練って、葛と水を合わせてさらに火をかけながら練り上げるというとても手間がかかった料理です。最近ではおいしいごま豆腐を通販で購入できるので全国どこにいてもおいしいごま豆腐をいただけます。当店でも本場のおいしいごま豆腐を通販で承っております。そのまま食べてもおいしいごま豆腐ですが、いろいろアレンジできるのでレシピを紹介します。

 お吸い物や味噌汁に入れる

ごま豆腐を使ったアレンジ料理

食事の際にはお吸い物や味噌汁などの汁物が欠かせないという方は多いです。

その汁物にごま豆腐をいれると、なめらかで羊羹のような舌触りのごま豆腐が、ふわっとした食感になるそうです。
ごまの風味も広がって、いつもと違った味わいのお吸い物や味噌汁になります。ごま豆腐は溶けてしまうので、お椀によそう前にごま豆腐を鍋にいれ、軽く温めるようにします。

 ごま豆腐天ぷら

ごま豆腐の天ぷらは懐石料理などのメニューにも多く、衣のさくっと感とごま豆腐のトロッとした感じが魅力です。衣をつけて揚げるときは低温で軽く揚げ、高温で一気に色をつけるのがコツです。

ごま豆腐あんかけ

 しょうゆ、砂糖、だし汁、水溶き片栗粉を混ぜて弱火にかけます。水分がとび、とろっとしたらごま豆腐にかけます。優しい甘さのあんかけと、ごまの風味の相性はバッチリです。
また、あんにひき肉や野菜などを入れても美味しく召し上がる事が出来ます。

あんこを合わせてスイーツに

 ほんのり甘いごま豆腐を一口サイズに切って、あんこをトッピングすると和菓子のようになります。さらに黒蜜やきな粉をかけてもおいしく頂けると思います。当店の抹茶ごま豆腐はさらにスイーツ感覚でお楽しみいただけます。カロリーが控えめなごま豆腐はスイーツにおすすめです。

当店では厳選した食材で長崎名産のごま豆腐を作っております。田舎風ごま豆腐や抹茶ごま豆腐、金ごま豆腐などさまざまな味のごま豆腐をご用意しております。ぜひ本場のごま豆腐を通販でお取り寄せしませんか。

ごまには栄養素が豊富に含まれている

ゴマリグナン

ごまには栄養素が豊富に含まれている
ゴマリグナンは強い抗酸化作用を持っています。このゴマリグナンとは、セサミン・セサミノールという抗酸化物質の総称です。活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素は身体の老化現象やがん、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす原因にもなります。

例えば、肝臓に活性酸素がたまっていると、身体のエネルギーを作る能力と老廃物を処理する能力が衰えます。そうすると、がんや動脈硬化などを引き起こしてしまうのです。ゴマリグナンは肝臓に直接働く抗酸化物質です。また、このゴマリグナンには悪玉コレステロールを押さえる役割もあります。コレステロールには悪玉と善玉の2種類があり、ゴマリグナンは悪玉コレステロールのみを排除してくれます。

カルシウム

ごまには牛乳の10倍以上のカルシウムが含まれていると言われています。ごまの皮にも豊富なカルシウムが含まれています。カルシウムが不足するとイライラしたり、骨がもろくなったりしてしまいます。牛乳をたくさん飲むよりも、ごまを食べた方が効率的にカルシウムを摂取する事ができます。

鉄分

鉄分が不足すると貧血を起こし、顔色も悪くなってしまいます。血色が悪いと顔も老けて見られてしまいます。鉄分を多く含む食材と言えばレバーですが、レバーが苦手という方は少なくありません。そんな方は、ごまを食べて鉄分を補給するようにしましょう。

不飽和脂肪酸

脂肪は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類が存在します。身体に悪い飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールとなり、血管にこびりついて動脈硬化などを引き起こしてしまいます。ごまに含まれているのは不飽和脂肪酸です。この不飽和脂肪酸は、ゴマリグナンと同じように悪玉コレステロールを下げる役割があります。

ダイエットは食事制限が基本です。夜は眠るだけなので、できるだけカロリーの抑えた食事をすると、ダイエットに効果があります。当店で販売しているごま豆腐はヘルシーなので、豆腐ダイエットにもおすすめの食事と言えます。夜だけ豆腐の食事にしてみることや、夜食にはカロリーの低い食事にする方法を試してはいかがでしょうか。

ごまの種類とその特徴

日本で主に食べられているのは、白ごま、黒ごま、金ごまの三種類です。これらは色が違うだけで、栄養素に大きな違いはありません。しかしそれぞれ少なからず特徴があります。

 金ごまの特徴

ごまの種類とその特徴

金ごまは白ごま、黒ごまとは違い香りも高く味にもコクがあるのが特徴です。そのため、ごまの風味を楽しむための料理でもよく使われるのが金ごまです。懐石料理や、料亭でも使われる事が多いです。ドレッシングやごま豆腐などの加工食品でも香りが引き立ちます。

 白ごまの特徴

白ごまは風味が柔らかく、ごま和えや白和え、ごま豆腐などにも使われます。金ごまと白ごまは、黒ごまに比べて脂質が高く、ごま油が作られるのも金ごまと白ごまである場合が多いです。

黒ごまの特徴

黒ごまは香りが強く、独特な風味が特徴です。黒ごまの表皮には黒を作り出しているタンニン系の成分が含まれています。この成分はアントシアニンといわれ、毛髪への効果があるいう民間伝承があります。黒色も目立つので、彩りを考える際にも使われます。ごま塩にしておにぎりにふりかけると、彩りもよくなり健康面でもバランスが取れます。

妊娠中にも良いごまの栄養素

ごまに含まれる不飽和脂肪酸や、ゴマリグナン、鉄分、食物繊維、カルシウムは、妊娠中の方に推奨される栄養素です。これらは母乳の出を良くし、妊娠中のストレス軽減にも繋がります。妊娠中は内臓が圧迫されるため便秘になってしまう事が多いです。身体に老廃物を溜め込むことは、赤ちゃんにもよくありません。ごまの食物繊維は便秘にも作用します。妊娠中は赤ちゃんに栄養を与えなければなりませんし、血液中の鉄分も不足しがちです。ごまを食べる事で、妊娠中も健康を保つ事が期待できます。

ごまは使い勝手がよく、レシピも多くあります。ダイエットや妊娠中で体重管理や栄養補給が必要という方は、ごまを使った料理を食べるといった方法を試してみてはいかがでしょうか。おやつ感覚で簡単に食べることのできるごま豆腐をご活用下さい。

胡麻の栽培

日本料理には、胡麻豆腐やすり胡麻の和え物など、胡麻を使った料理がたくさんありますが、現在日本で販売されている胡麻のほとんどは、海外から輸入されています。
胡麻の栽培に適しているのは、一年を通して温暖で日照りが良い気候なので、インドやアフリカなどの地域で多く栽培されています。
日本では市場に出回っている胡麻の約0.1%しか栽培されていないので、胡麻の栽培方法を知っている人は少ないです。

そこで、胡麻の栽培方法を紹介したいと思います。

胡麻の種まき

胡麻はとても寒さに弱いので、温かい時期に種を植えないと上手く発芽しません。
25~30度が胡麻の栽培に適した温度なので、日本では5~6月頃に種を撒きます。20cmくらい間隔を空けて一カ所に4~5粒ずつ種をまき、たっぷりと水やりをします。気温が高い日が続けば、5日~1週間程で芽が出てくるので、良い芽だけを残すために生育の悪い芽を間引きします。

一本立ちさせる

芽が出てから2週間ほど経つと、茎が伸びて立派な葉が生えてきます。
株を一本立ちさせるために、一番良い株を選んで2回目の間引きを行います。胡麻には、アブラムシやスズメガなどの害虫が寄ってくるので、こまめに虫の駆除をしましょう。
7月~8月には苗の長さが1mくらいに伸び、胡麻の花が咲きます。白胡麻の花は白く、黒胡麻の花は紫色の花が咲きます。花の下には鞘が付いていて、その鞘の中に胡麻の粒が入っています。

胡麻の収穫

胡麻の栽培

8月下旬~9月になると、胡麻が成熟して鞘の色が黄色く変化します。
胡麻が完全に成熟してしまうと、鞘が割れて胡麻が外へ飛散するので、鞘が割れる前に胡麻の収穫を行います。胡麻の収穫は、鞘を一つ一つ摘み取る方法と株を刈り取る方法があります。収穫した胡麻を選別して汚れを落とし、乾燥させれば料理に使用する胡麻の完成です。

 色々なレシピに使われている胡麻ですが、私たちが美味しい胡麻を食べられるのは農家の方が手間をかけて胡麻を育ててくれたおかげという事を忘れないでください。

当店では、胡麻をたっぷり使った美味しい胡麻豆腐を販売しています。金胡麻豆腐や抹茶胡麻豆腐など、色々な種類の胡麻豆腐があるので、胡麻がお好きな方は当店の胡麻豆腐を召し上がってみてください。

ごまとアスリートの意外な関係

ごまは、使い勝手が良くてあまり好き嫌いが無い食材なので、メイン料理・汁物・小鉢など様々な料理に使われています。ごまの半分は油で出来ていますが、植物性の油なのでカロリーを気にせず食べる事が出来ます。
何気なく食べているごまですが、ごまにはアスリートに必要な栄養がたくさん含まれている事をご存知でしょうか?
そこで、あまり知られていないごまとアスリートの意外な関係を紹介したいと思います。

ごまとミネラル

ごまとアスリートの意外な関係

アスリートの方は、日々のトレーニングや試合を行うと大量の汗をかきます。
汗をかくと、水分と一緒にミネラルが体の外へ排出されてしまうので、水分補給と同時にミネラルを補給する必要があります。
ごまには、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているので、汗をかいた後のミネラル補給にピッタリの食べ物です。ミネラルが不足した状態でスポーツを行うと、こむら返りや熱中症を引き起こす可能性があります。

ごまとタンパク質

人の体を構成する骨や筋肉、血液などを作るためには、良質なタンパク質が必要不可欠です。
タンパク質が含まれている食品の中でよく食べられているのは、肉や魚などの動物性タンパク質です。動物性タンパク質を摂取する事も大切ですが、摂取する量が多いとコレステロールや飽和脂肪酸の摂り過ぎになってしまいます。
ごまに含まれている植物性タンパク質にはコレステロールが含まれていないので、肉や魚と一緒にごまどうふなどを食べる事で、バランスよくタンパク質を摂取する事が出来ます。

ごまと食物繊維

アスリートは、健康な体を維持するための体調管理も重要です。食物繊維が不足すると、便通が悪くなり便秘になってしまいます。便秘は体に様々な悪影響を及ぼす可能性があるので、こまめに食物繊維を摂取して便秘を予防する必要があります。
ごまには食物繊維もたっぷり含まれているので、体調管理に欠かせない食べ物です。

ごまは料理の脇役に使われる事が多いので、一度に食べる量はそんなに多くはありません。
しかし、ごまどうふは他の料理とは比べ物にならないほどたくさんのごまが使われているので、ごまをたっぷり摂取する事が出来ます。
当店では、金ごまどうふや抹茶ごまどうふ、田舎ごまどうふなどを販売しています。
アスリートの方や趣味でスポーツをしている方は、スポーツに適した体作りのために、当店のごまどうふを食べてみてください。

豆腐の歴史

日本食に欠かす事の出来ない食品は数多くあります。その中でも、代表的なのが「豆腐」でしょう。
豆腐は、大豆の搾り汁をにがりなどで固めた食品です。豆腐は、昔から食され、現在でも多くの方が好んで食する食品です。
では、この豆腐は、いつ頃から日本人に食されるようになったのでしょうか。
普段から豆腐を食している私たちでも、その豆腐の始まりを知っている方は多くないでしょう。
こちらでは、その豆腐の歴史についてご紹介いたします。

豆腐の始まり

豆腐の歴史

豆腐の発祥は、中国が起源とされています。そして中国で作られた豆腐は海を渡り、日本に伝えられます。
しかし、奈良時代に中国から伝わったという説がありますが、確かな記録は残っていません。
記録の中で豆腐が登場したのは、平安時代です。当初の豆腐というのは、僧侶の精進料理であったり、位の高い武家や貴族のみが豆腐を食していたそうです。
そのため、庶民が豆腐を食するという文化は、この頃はまだなかったようです。

豆腐の普及

豆腐が本格的に庶民の間で食されるようになったのは江戸時代に入ってからです。
江戸時代の初期頃には、位の高い人しか食べる事の出来なかった贅沢品の豆腐ですが、お盆やお正月、祭りなどの特別な日に限り食されていたようです。
それから江戸中期頃に刊行された豆腐料理の本が反響を呼び、広く普及していくのです。 ですが普及といっても、それは都市部だけに限られているのが実情でした。

現在の豆腐

その後、豆腐は全国の一般家庭へ普及していきます。
今現在では、豆腐を家庭料理の中で見るのは当たり前となってきました。日本の風土や水、気候により豆腐は独自の製品として発展を遂げたのです。
さらに豆腐は、ダイエット食品や健康食品としても注目される食品になり、改めて豆腐の良さを再認識されているのです。
以上が、豆腐の歴史となります。

そして当店では、古い歴史を持つ豆腐の販売を行っています。
当店で扱う豆腐は、ごま豆腐でございます。従来のごま豆腐にはない甘さと風味が、当店のごま豆腐にはあります。
美味しいごま豆腐をお探しなら、ぜひ当店にてお買い求めください。

ヘルシーな豆腐のこと

 ヘルシーなイメージで人気が高い食材といえば豆腐なのではないでしょうか。
豆腐は、しょうゆと鰹節、ネギだけをかけるというシンプルな調理法でもおいしくいただけます。
そんな、豆腐に関する豆知識を紹介します。

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い

みなさんは味噌汁には、木綿豆腐と絹ごし豆腐はどちらを入れていますか。
木綿豆腐は食べた時にしっかりと歯ごたえが感じられ、絹ごし豆腐はツルッとした舌触りが魅力的となっています。
この2つの豆腐は舌触りの違いから木綿豆腐と絹ごし豆腐と呼ばれるようになりました。この2つの豆腐は舌触りだけでなく、製造過程・含まれている栄養分の割合にも違いがあるのです。
木綿豆腐は、水分をしっかり絞って作るため、タンパク質、カルシウム、鉄分などの栄養分が凝縮されています。
しかし、流れ出てしまった水分にはビタミンB、カリウムが含まれています。ビタミンB、カリウムは絹ごし豆腐の方が豊富に含まれています。

豆腐を食べている国

日本料理のイメージが強い豆腐は、もともと中国からやってきました。
現在は、中国、朝鮮半島、台湾、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、インドネシアなどで
日常的に食べられています。
最近は、ダイエット食として欧米で人気が高いそうです。

豆腐が健康的だとされている理由

豆腐は、低炭水化物、低カロリー、高タンパク質な食材です。他にも、カルシウム、食物繊維、ビタミンB、ビタミンEなどが豊富に含まれています。
大豆はそのまま食べると、繊維質が多いのであまり消化は良くないのですが、大豆を砕いて加熱し絞った豆乳を凝固させたものなので、消化吸収に優れています。

大豆を使わない豆腐

ヘルシーな豆腐のこと

ごま豆腐は大豆を使わずにごまをすりつぶして作っています。
ごまの風味となめらかな口当たりが魅力的です。ごまには、ビタミンE、リノール酸、オレイン酸などが含まれており、大豆で作られた豆腐とはまた違った栄養が豊富に含まれています。
ごま豆腐も、低カロリーで栄養が豊富な食材なので、ダイエット食としても注目されています。

 

妊婦さんの体重管理について

妊娠している時に、気になるのが体重です。
赤ちゃんの分の栄養も摂らなきゃとつい食べ過ぎてしまう方もいらっしゃるようです。妊娠中の体重増加は10kgまでが理想的だとされており、太りすぎは、赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまう事もあります。
この10kgの中には、赤ちゃんの重さ、胎盤の重さ、胎児や胎盤に必要な栄養や酸素を運ぶ為の血液量、羊水の重さなどが含まれています。

太りすぎてはいけない理由

妊婦さんの体重管理について
妊娠中に太りすぎてしまうと、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります。
妊娠糖尿病になると、流産、赤ちゃんが巨大児になってしまい帝王切開や難産になるリスクが高くなります。
妊娠高血圧症候群は、むくみ、高血圧が主な症状で、子宮や胎盤に流れる血液が減少してしまいます。
そうなると、赤ちゃんの発育に影響を及ぼし、早産、未熟児、死産のリスクが高くなります。
そのうえ、胎盤剥離、脳出血、肺水腫など赤ちゃんだけでなく、母体の生命にも関わる症状を引き起こす事もあります。また、脂肪が産道に付き狭くなってしまうので、難産になってしまう事もあります。

体重管理のポイント

体重管理のポイントは、運動と食事です。
妊娠すると動くのが億劫になってしまいますが、軽い運動を少しでも行って消費エネルギーを高くするようにします。
食事内容を見直し、甘いもの、揚げ物などを摂りすぎていないかを確認しましょう。
妊娠すると便秘がちになるので、出来るだけ食物繊維の多い野菜など、低カロリーで高タンパク質の食材を積極的に摂る事をおすすめします。
なかでも、おすすめの食材はごまどうふです。ごまどうふは、冷奴のようにしょうゆをかけてもおいしくいただけますし、きなこをかけると和菓子感覚でいただけます。
食事にもデザートにもなるのでおすすめの食材です。
ごまどうふをストックしておけば、小腹がすいた時、甘いモノが欲しくなった時、食卓に1品追加したい時などに便利です。

ページ上部へ